コラム一覧

膝の痛みの原因~適度な運動を繰り返す&セルフマッサージで予防・ケアを~

膝は、人間の身体の中でも複雑で不安定な構造をしています。動作の中で支点として機能するため、負担がかかりやすい部位です。

こちらでは、膝の痛みの原因や痛みの進み方についてご紹介します。また、日常生活に取り入れることができる予防についてもお伝えします。膝に違和感がある方は、ぜひ参考にしてください。

膝の痛みの原因とは

痛む膝に手をあてる人

膝の痛みには、関節外の痛みと関節内の痛みがあります。関節の外側の痛みであれば、筋肉系が原因の可能性が高いです。膝にかかる負荷が自分の筋力を上回った場合や、無理な動きを繰り返すことによる負担が大きくなった場合に起こりやすいです。関節内の痛みは、内側にある軟骨、半月板、靭帯などが損傷することで生じることが多くあります。

膝の痛みの主な原因は以下の通りです。

肥満

膝の軟骨に体重負荷がかかり、膝の負担が大きくなる。また、筋肉の収縮による圧迫力も受けます。

加齢による筋力の低下

加齢とともに膝の軟骨が弱くなり、膝を支える周囲の筋肉が弱くなる。膝の動きが不安定になると、さらに負担が増加する。

O脚・X脚

膝にかかる圧力・負担が片側に集中するため、軟骨が傷つきやすくなります。

上記の他にも、過去に外傷(半月板や靭帯の損傷など)がある場合や、関節リウマチや痛風などの病気がある場合もあります。膝の痛みは、関節の外側である筋肉系統の痛みがほとんどだといわれています。

膝の痛みの進み方・程度~繰り返す痛みは要注意~

人間は歩いている限り膝に体重負荷がかかりますし、加齢による身体の変化や日常生活での膝への負担は避けられません。一般的な膝の痛みの進み方は以下のようになります。

初期

朝の歩き始めに、膝に違和感を覚えます。膝を動かした際に痛みが出ることもありますが、痛みは長続きせず、しばらくすると痛みがなくなるのがほとんどです。人によっては朝の違和感だけが続き、痛みを発しない方もいらっしゃいます。

中期

初期の状態をそのままにしていると、正座や椅子から立ち上がる時や、階段の上り下りなどに痛みを感じてきます。痛みが進行すると、膝がむくんだり、腫れたり、熱感をともなったりすることもあります。

後期

さらに悪化すると、膝を曲げたり伸ばしたりすることが難しくなり、長時間歩くことが困難になってしまうこともあります。日常生活に支障が出るほどの繰り返す痛みを招く前に、膝のケアをしてあげることが大切です。

日常生活で膝の痛みを予防するには?

バランスのとれた食事をとる女性

肥満は大敵です。暴飲暴食は避けて、栄養バランスのとれた適量の食事を意識しましょう。骨を作るカルシウムやタンパク質、ビタミンDが不足しないように積極的に摂取すると良いです。

また、膝に負担をかけないように心がけることも大切です。膝を過度に曲げる動作は極力避け、冷やさないようにしましょう。

そして、適度な筋力トレーニングやセルフマッサージを取り入れるのもおすすめです。椅子に座って足をまっすぐに伸ばしたり下ろしたりする運動を繰り返すなど、無理のない運動で筋力をつけることで関節が安定しやすくなります。

セルフマッサージをする際は、さらっとした使用感のジェルをお使いください。RISING STONE ONLINESHOPが提供しているマッサージジェルは、みずみずしい感触で塗った瞬間にさらっとお肌に馴染みます。ぜひ、ケアアイテムにお試しください。

膝の痛みが気になる方はマッサージジェルを試してみませんか?

ショップ名 RISING STONE ONLINESHOP
会社名 株式会社 ライジング ストーン・アース アンド ユニバース
販売責任者 谷 英哉
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目5-4 福助染ビル1F
電話番号 03-6263-2526
メールアドレス shop@rising-stone.co.jp
URL https://rising-stone-shop.com/
取扱商品 天然石ジュエリー、人工鉱石アイテム、美容・健康アイテムなど

  • 銀座店のご案内 Cotoishiya ーこといし屋ー
  • 痛み対策の新革命 ハイグラフェン ジェル&クリーム

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

人気ランキング

ハイグラフェン/マッサージジェル

¥9,200(税込)

新発想、塗る鉱物。
肩・腰・膝など気になる方、慢性的な辛い症状でお悩みの方にぜひ試していただきたい商品です。

ハイグラフェン/スキンクリーム

¥9,800(税込)

言霊ブレスレット「ありがとう」8ミリ

¥8,800(税込)

ページトップへ