コラム一覧

関節の痛みが出る前にケア・対処を~関節が痛む時は冷やす?温める?~

「関節の違和感が気になって、寝不足になりそう」「このところ、寝不足気味なのは、関節に違和感があるからかな?」と、お困りの方もいらっしゃるかもしれません。

関節の痛みを起こさないためには、日々のケアが大切です。関節に痛みが出た時の対処(冷やす?温める?)についてお伝えするとともに、膝と肘のケアに役立つセルフマッサージの方法をご紹介します。

関節が痛む時の対処~冷やす?温める?~

色鉛筆で描かれたクエスチョンマーク

関節の痛みを和らげる対処として、湿布を用いる方法があります。

湿布には、温湿布と冷湿布がありますが、急に痛みが出た場合は、痛む部分を冷湿布で冷やすと良いです。慢性的な関節の痛みについては、温湿布を使用してください。筋肉の緊張がほぐれて、血流がスムーズになり、痛みにくくなります。

関節の痛みの原因について知りたい方は、こちらのコラムもご覧ください。

膝のセルフマッサージ

膝の痛みは、膝周辺の筋肉の緊張に加えて、お尻の筋肉の緊張が影響している場合もあります。まず、床に横座りして、お尻の筋肉の緊張を緩めるように、たたいてほぐします。次に、片足を伸ばした状態で、伸ばした足を左右に揺らし、股関節の筋肉を緩めてください。

また、膝の皿を動かして、柔軟性を保つことも大切です。両足を伸ばして床に座ったら、両手で片方の膝を掴み、親指で膝の皿を下向きに押します。「少し痛みを感じるけれど、気持ち良い」という強さで、3秒程度押すのが理想です。終えたら、下から上・左から右・右から左というように、8方向から押します。

以上のセルフマッサージを、両足で行ってみてください。

肘のセルフマッサージ

まず、片方の腕を伸ばして、手のひらを下に向けます。伸ばしている腕を、もう一方の手で掴み、手首を下に曲げます。次に、手のひらを上に向けた状態で、手首を下に曲げてください。この動きを行うと、肘の外側と内側の筋肉を伸ばすことができます。両腕を終えたら、指から肘までセルフマッサージします。お風呂で身体を温めた後に行うと、なお良いです。

また、肘の外側にあるツボ(曲池)や、膝関節の中央にあるツボ(曲沢)を押す方法もあります。強い痛みが出ないように、力加減を調整してください。

関節の痛みが出る前に自宅でケア!

みずみずしいマッサージジェル

関節に痛みが出た時の対処(冷やす?温める?)、膝と肘のケアに役立つセルフマッサージについてご説明しました。

セルフマッサージを行う際は、肌を傷つけないように、マッサージジェルを使用しませんか?RISING STONE ONLINESHOPでは、なめらかな感触が心地良い「ハイ グラフェン」をご提供しています。大容量ですので、毎日のセルフケアとして、全身にご使用いただけます。

クリームタイプの「ハイ グラフェン」もご用意していますので、お好みに合わせてお選びください。

関節の痛みが気になる方はマッサージジェルをご利用ください

ショップ名 RISING STONE ONLINESHOP
会社名 株式会社 ライジング ストーン・アース アンド ユニバース
販売責任者 谷 英哉
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目5-4 福助染ビル1F
電話番号 03-6263-2526
メールアドレス shop@rising-stone.co.jp
URL https://rising-stone-shop.com/
取扱商品 天然石ジュエリー、人工鉱石アイテム、美容・健康アイテムなど

  • 銀座店のご案内 Cotoishiya ーこといし屋ー
  • 痛み対策の新革命 ハイグラフェン ジェル&クリーム

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

人気ランキング

ハイグラフェン/マッサージジェル

¥9,200(税込)

新発想、塗る鉱物。
肩・腰・膝など気になる方、慢性的な辛い症状でお悩みの方にぜひ試していただきたい商品です。

ハイグラフェン/スキンクリーム

¥9,800(税込)

言霊ブレスレット「ありがとう」8ミリ

¥8,800(税込)

ページトップへ